投稿

9月, 2018の投稿を表示しています

I Love You Forever

イメージ
すべての人の中にわたしは存在します。わたしの中にすべての人が存在します。
わたしはあなたで、あなたはわたしです。
肌の色も、性別も、住んでいる国も、置かれている環境も、考え方も隔たりはなく皆一つの魂です。
あなたが生きている世界を見直してください。
結婚、家族、子供、平和運動、仕事、今まで当たり前だと思っていたことに、「疑問」を感じてみてください。
結婚、婚姻制度自体がもう役割を終えています。すべての人が輪廻の上で男女を経験している、魂に性別はないのです。
今世の乗り物である、身体は魂の神殿です。
男性と女性を超えた、真実の風通しの良いパートナーシップへと変化する時です。
家族とは独立した人間がパートナーもしくはチームとなり、それぞれが自分の人生をより良く発展させるための「チーム名」です。
子供は血をわけた子だけが自分の子供ではなく、すべてが源から誕生しているわたしたちですから、地球上の子供たちすべてがわたしたたちの子供です。
平和を求めるならば、まずはあなたが平和になってください。
仕事はあなたがこの地球でする大切な役目の一つです。自分が本当にやりたいことを通して目醒めて行く、そのツールが仕事です。
当たり前と思っていることも手放すのです。
わたしたちは一つの世界を現すワンネスです。
わたしの映す現実の創造主はわたしです。
わたしはわたしが創り出したすべてを、永遠に愛しています。

自分のエネルギーが揺れる時には

イメージ
今年の秋分はとてもエネルギーが強かったためか、それとも日本に大きな台風がきているためか、わたしの中が昨日から揺れています。
しっかりとグラウンディングをしていないと、珍しく心がザワザワし、焦りや、不安などの周波数が出てきます。
個人セッションを行なっている時はグラウンディングをして高次のエネルギーともしっかり繋がっているので、まったくびくともしないので、わたしの中が揺さぶられて重たい周波数が上がってきているのです。
この揺さぶりにより周波数が上がってきているのはとてもありがたいことです。
自分でも気付かなかったものがあぶり出てきているので、「単なる地球のネガティブな感情」と割り切って手放していくこと以外ありません。
感情に巻かれることなく、一歩引いて観察してみる。
わたしたちは、現実を目の当たりにして「反射的に自分の感情を当てはめて」それがとても問題なことであるように錯覚します。 けれどそうではなく、一歩引くことで「出来事」と「自分の感情」の間に隙間がみえるのです。
出来事は「中立」。
こうすることで、自分を見失うほどに感情に囚われてしまうことなってしまうことはなくなります。 どんな時でも、落ち着いて、感情から一歩引いてみる。 そしてシンプルに「重たい周波数」を手放し、すっきりと進む、この繰り返しです。

今、武器を捨てる

イメージ
「常識」とは「これはこうするべき。これはしてはいけない」などの制約、制限、3次元を生きるために人間が創ったルールです。
このルールは愛の波動であったわたしたちがこの地球で輪廻(生まれ変わり)をして遊ぶために身につけなければならないものでした。
最初はいくつかのルールだったものが、ルールがルールを生み、今では何か言葉を発すると即座に反論され、非難され、発言することが脅威になっています。
思いもよらない言葉でありとあらゆる角度から非難否定を受ける。
地球に生きる人々は、皆、外から攻撃を受けることを前提にし、心に銃を、斧を、刀を、剣を、槍を、ありとあらゆる武器を持っています。
こんなにも神経を研ぎ澄ませ、攻撃し、攻撃される。
相手を攻撃して、自分は安全地帯にいると思っていても、実は相手を攻撃したエネルギーは倍になって自分に還ってきているという連鎖です。
「この次元で生み出した問題は、この次元では解決しない」
お互いに攻撃し合っている問題は、この次元を抜けない限り解決することはないのです。
現実はあなたの中の反映です。あなたの中に人を非難、否定する思いがあるから現実に映すのです。

これはあなたが悪いと言っているのではありません。
「そうだ」と気付き「もうしない」と決めて「生き方を変える」と方向転換すれば良いだけです。
すべての武器を捨てましょう。
あなたを攻撃しているのはあなたです。
あなた以外誰もあなたを傷つけることはできない、それだけあなたは強い存在なのです。

エネルギーは意図にしたがう

イメージ
秋分をはさんで少し面白い経験がありました。
不要な感情を外していく過程で、過去の出来事がフラッシュバックしてきました。もう何年も、何か月も前のことなのに、珍しく外れにくく、繰り返し何度もその時の光景と感情がありありと今目の前で展開されているかのような錯覚に陥りました。
これはどのようなことが起こっているかというと、わたしは意識の中でタイムスリップがしているのです。つまり、過去は過去ではなく、意識の上では今それを体験しているのです。
でもこの過去は正確な記憶ではなく、わたしが、今創り上げた「記録」を体験し、体感しているのです。
もちろん揺るぎない出来事の過去はあります。
けれど、その過去も今のあなたが「癒す」ことは充分にできるのです。
わたしがエネルギーで過去へタイムスリップして経験することは、言い換えれば、過去の経験から「学び」そして「癒し」へと向かうということが可能なのです。
すべてがここに集約しているのです。
エネルギーは意図し従います。癒しが必要な過去は癒しが完了し、手放したい感情はすでに手放されている。
100%そうなっているという意図と、そうなってもならなくてもどちらでも良い。
信じることと執着のバランスが大切なことだと知っていてください。

自分に誠実に生きる

イメージ
誰かのために、頑張るというのは、とても素敵なことです。
でも誰かのためにということは、1番が自分以外になっていることです。
それはお水の入っていないボトルなのに、誰かに与えてあげようとしていることです。
だからまずは自分を満たす。
自分を満たす方法は、自分というものを確立していくことです。
何かを選択する時にはそれが自分にとって「心地良い、惹かれる、しっくりくる、すっきりする、楽しい、腑に落ちる、わくわくする、喜びを感じる」かどうかを確認します。
そして、どんなに小さなこともこの感覚に従います。
そうして選択をすると、必ず「もやもやと、これで良かったのか、それともあちらが良かったのではないか」と感情がでてきます。

この時に出てきた「もやもや」を「わたしはこの感情をもう使わない」と宣言して「しっかり手放せた」と100%自分を信頼します。
大切なことは、「自分がやりたいこと以外やらないでください」と言っているのではないのです
何を選んでも正解で、その時に感じるモヤモヤあがる居心地のよくない感情を手放してくださいね、ということです。
選択しながらこの人生を生きる上で、常にシンプルにスッキリ、自分に誠実に生きるということがとても大切です。 「自分に誠実に生きる」ことが自分を満たしていくことの第一歩です。
その中で、インナーチャイルドを癒したり、ヒーリングを受けたりしながら自分自身をしっかりと満たして、揺るぎなく柔軟な自分を確立していきます。
自分が満ちて、自分の軸が確立されてくることは「あなたが愛に戻り始めた」ということ。
誰からのためにならば、まずは「自分のために」
あなたはわたし。わたしはあなた。
「愛」という感情を通してみるあなたの世界が「愛」で彩られるのは当たり前のことと言って良いでしょう。